アザレアのお花の栽培

【アザレア】
  • 科名:ツツジ科ツツジ属
  • 種類:常緑低木
  • 原産地:園芸品種
  • 別名:西洋ツツジ / オランダツツジ
  • 植え付け時期:5~6月
  • 開花時期:自然開花 4月下旬~5月中旬
  • 増やし方:挿し木
  • 耐寒性:やや弱い
  • 耐暑性:強い
  • 栽培難易度:普通
  • 花言葉:愛の楽しみ、恋のよろこび、禁酒、節制

アザレアの花
【通販の楽天市場の★アザレア


Sponsored Link

    

アザレアの育て方

「アザレア」は日本のツツジがヨーロッパに渡って、大輪で豪華に品種改良されたものです。
本来の開花はツツジと同じ5月頃ですが、低温に当たると花芽が動き出す性質があるため、開花調整をされたものが、新春を迎える花として冬にお店で売られています。
花色は、白、ピンク、赤色、絞りや、一重や八重もあり多彩です。

【育てる環境】
日当たりを好むので日当たりの良い場所で育てますが、夏は葉焼けを起こしやすいので、半日陰に置きます。
11月下旬頃までは寒さにあてて、寒さに弱いので冬は室内に取り込むとよいです。
ただ、あまり暖房のきいたあたたかい部屋に置くと、開花が進んでしまい、1つの花が1週間ほどしか持ちません。なので日の当たる玄関などが向いています。
春に暖かくなってきたらまた外にだします。

【肥料】
開花中の肥料は必要ありません。花後から9月頃まで、緩効性化成肥料か固形の油かすを与えるとよいです。

【水やり】
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。 水切れに弱く、春や夏はよく乾くので水切れさせないようにします。 花や蕾には水がからないように注意して株元にやります。

【剪定&植え替え】
購入したアザレアは、花後の3月下旬から4月上旬頃までに剪定をして鉢いっぱいに根が張っていることが多いので植え替えも一緒に行うとよいです。
剪定は株全体を1~2cm程度刈り込んで、好みの形に整えます。そうすると新しい芽がたくさん伸びてきてこんもりとして枝数も多くなり、花もたくさん咲くようになります。 その後は花後(2年目以降に花後となる5月から6月上旬)に剪定をします。
植え替えは2年に1回ぐらいでいいです。

【花がら摘み】
咲き終わった花をそのままにしておくと病気の原因にもなるので花がら摘みをします。このときに花弁だけでなく、種ができないように子房も一緒に摘み取ります。

【増やし方】
さし木で増やします。適期は6月~7月です。
その年に伸びた若い枝の先端を10cmほど切り取り、先のほうの葉を4~5枚残してあとは切りおとします。30分か1時間ぐらい水にさしておきます。
鹿沼土やさし木用土を入れた鉢に挿します。
たっぷりと水をやって日陰で乾かさないように管理します。
9月になったら2号程度の小さな鉢に1本ずつ植え、育てます。

【病気害虫】
ハダニ、ツツジグンバイムシ、ベニモンアオリンガ、灰色カビ病など。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪