インパチェンスのお花の栽培

【インパチェンス】
  • 科名:ツリフネソウ科
  • 種類:非耐寒性1年草 / 宿根草
  • 原産地:熱帯アフリカ
  • 別名:アフリカホウセンカ
  • 種まき:4月中旬~5月
  • 植え付け時期:4月下旬~6月
  • 開花時期:4月下旬~10月
  • 置き場所:日当たりがよく、水はけのよい場所
  • ふやし方:種まき / さし芽
  • 耐寒性:弱い
  • 耐暑性:育てやすい
  • 栽培難易度:普通
  • 花言葉: 「強い個性」「短気」「目移りしないで」


【通販の楽天市場の★インパチェンス

Sponsored Link

    

インパチェンスの育て方

インパチェンスは色とりどりの様々な色の花が初夏から秋まで咲き続けます。種類が豊富で一重、半八重、八重咲きまであり、葉にも斑入りのものもあり、バラエティに富んでいます。

【育てる環境】
日当たりの良い場所を好みますが、半日陰でもよいです。 秋になったらある程度日当たりのある場所で育てるとよく育ちます。

【植えつけ】
春に苗が売られているので、購入したら市販の草花培養土で植えつけます。吊り鉢やハンギングバスケットにしてもいいです。
ニューギニア・インパチェンスはより大きくなるので8号鉢以上の鉢に植え替えたほうがよいです。

【肥料】
緩効性肥料の置き肥を真夏を除き、1~2か月に1回施します。 花を咲かせているときには追肥します。

【水やり】
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

【切り戻し】
茎が伸びて形が乱れてきたら、3分の1から半分ぐらい切り戻しをするとよいです。時期は6月中旬から7月中旬ぐらいがよいです。秋になるとまた花が咲きます。

【花がら摘み】
花がらをそのままにしておくと灰色かび病の原因になるので、こまめに摘み取ります。

【ふやし方】
種まきとさし芽でふやせます。
種まきは好光性種子なので、まいたあとは土はタネが隠れる程度のごく薄くにとどめます。
茎の先端を5~6cmの長さに切り、下葉を取り除きます。赤玉土(小粒)か鹿沼土を鉢に入れて水で湿らせてから挿します。日陰で乾かさないように管理すると1ヶ月ほどで根が出てきます。

【病気害虫】
灰色かび病、アブラムシ、ハダニなど。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪