フリージアの育て方

【フリージア】
  • 科名:アヤメ科フリージア属
  • 別名:アサギズイセン(浅黄水仙)
  • 種類:球根 / 多年草
  • 原産地:南アフリカ
  • 植え付け時期:10月~11月中旬
  • 開花時期:3月中旬~5月上旬
  • 置き場所:日当たりがよく、風通しのよい場所
  • ふやし方:分球
  • 耐寒性:やや弱い
  • 耐暑性:(休眠)
  • 栽培難易度:普通
  • 花言葉:「無邪気」「慈愛」「期待」「純潔」「 あこがれ」

フリージア
【通販の楽天市場の★フリージア


Sponsored Link

    

フリージア

フリージアは秋植え球根で、春に開花します。一重咲きと八重咲きがあります。 鉢植えや庭植え、切り花としても人気があります。
小さくて可憐な花を咲かせ、 とても香りがよく、香水などにも使われています。

【育てる環境】
日当たりがよい場所がよいです。
寒さにはやや弱いので鉢植えの場合は、冬は軒下や室内などに移します。
暖地であれば庭植えも冬越しは可能です。

【用土】
水はけと適度な保水性のある土が適しています。市販の草花用培養土で大丈夫です。球根の土だとなおよいです。

【植えつけ】
秋に植えつけますが、庭植えだとあまり早い時期に植えると茎葉が伸びて寒さの被害にあったりするので11月上旬ぐらいがいいです。
5号鉢につき7球ぐらいが目安。
鉢植えは球根の先端が隠れる程度の深さ、庭植えは球根1個分の深さに植えます。 土を多少なめにして、葉が伸びてきたら増し土をするような感じにするとよいです。

【肥料】
開花前に液体肥料などを与えるとよいです。
花後から休眠するまで液体肥料を2週間に1度ほど追肥し、球根を太らせます。

【水やり】
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。葉が伸びてきたら、水をやりすぎると徒長しやすくなるのでやや控えめにします。
6月ぐらいになって葉が枯れて休眠期にはいったら9月ごろまでは水やりの必要はないです。
庭植えではほとんど必要ありません。

【花がら摘み】
咲き終わった花がらはこまめに摘み取り、最後に花茎の付け根から切ります。葉は光合成をしてその養分を球根に蓄えるので葉は切りません。

【掘り上げ】
植えっぱなしでもいいのですが、掘り上げて保存することもできます。6月頃に葉が黄色く枯れてきたら掘り上げます。陰干しした後、風通しの良い場所で保存します。

【ふやし方】
フリージア 育て方 植え替え 切り戻し 掘り上げた球根には親球の周りに小さな子球が付くので、これを1つずつ外して植え付けます。



【病気害虫】
菌核病、アブラムシなど

【注意事項】
フリージアは連作を嫌うので同じアヤメ科の植物が植えてあったところには植えない様にします。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪