途中

葉ボタンのお花の栽培

(葉牡丹) 【葉ボタン】
  • 科名:アブラナ科アブラナ属(ブラシカ属)
  • 種類:1年草(本来は多年草)
  • 原産地:ヨーロッパ
  • 別名:ボタンナ(牡丹菜) / オランダ菜(阿蘭陀菜)、
  • 種まき:7月~8月
  • 葉の鑑賞期:11月~3月
  • 置き場所:日当たりがよく、水はけのよい場所
  • 増やし方:種まき
  • 耐寒性:普通
  • 耐暑性:強い
  • 栽培難易度:育てやすい
  • 花言葉:愛を包む/ 物事に動じない/ 慈愛 / 祝福

葉ボタンの花
【通販の楽天市場の★葉ボタン★


Sponsored Link

     

葉ボタンの育て方

葉ボタンは花の少ない晩秋から春まで楽しめ、冬の花壇や正月の飾りには欠かせません。 ハボタンは改良によって様々な品種が作り出されています。 品種が豊富になったことで、花壇や庭植えだけでなく、寄せ植えやハンギングバスケットの材料にされるなど、その用途も広がっています。 丈夫で育てやすいので初心者にも人気。 そこで葉ボタンの育て方について紹介します。 スポンサードリンク 葉ボタンの育て方 10月ごろから出回る苗を購入するか、夏に種をまいてハボタンを育てます。 以前はキャベツのように大きな株が中心でしたが、 最近は寄せ植えなどにも使いやすい小型のものに人気が集まっています。 涼しい戸外で育てます。 【霜対策】 葉が薄いものは傷みやすいので霜の当たらない場所に移動させるか寒冷紗などで霜よけします。 スポンサードリンク 【花が咲いた後】 葉ボタンは、4月頃に背が伸び始め、黄色のアブラナのような花が咲きます。 半分以上咲いてくると間延びしてくるので切ります。 種をとりたい場合はそのまま放置しておくと種ができます。 葉ボタンは。 ですが夏越しは難しく、挑戦する場合は花が咲く前に花茎を切り、 芽吹かせて風通しのよい場所で管理します。

【育てる環境】

【種まき】

【植えつけ】
葉ボタンの植え付けの適期はだいたい10月の終わりから11月頃です。 葉ボタンの外側にいたんだ葉があれば植えつける前にとり除きます。 低温期はほとんど成長しないので、この時期の植え付けは根鉢を大きくくずすことができます。 根鉢の土を落として植えれば寄せ植えなどで、より多くの植物を植えることができます。 葉ボタンの茎の部分は埋めても大丈夫です。

http://www.hanagoods.com/hana/habotan.html http://happamisaki.jp-o.net/flower/h/habotan.htm

【肥料】
ハボタンは気温が下がる10月下旬から色づき始めますが、肥料がきれいに色づきません。10月以降の追肥はしないようにします。 10月以降、発色後に窒素分の多い肥料を与えるとと発色が悪くなりますので、 特に必要ないです。

【水やり】
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。しかし、やりすぎると間伸びしますので乾燥ぎみに育てます。
庭植えは、植えつける時に与えれば特には必要ありません。

【切り戻し】
葉ボタン 育て方 植え替え 切り戻し  葉ボタン 育て方 植え替え 切り戻し 

【病気害虫】
など。

【】

【】


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪