ハイビスカスの育て方

【ハイビスカス】
  • 科名:アオイ科フヨウ属(ヒビスクス、ハイビスカス属)
  • 種類:非耐寒性 常緑低木
  • 原産地:ハワイ諸島
  • 和名:ブッソウゲ(仏桑花)
  • 別名:ヒビスカス
  • 植え付け・植え替え時期:5~6月
  • 開花時期:5~10月
  • 置き場所:日当たりがよく、風通しのよい場所
  • ふやし方:挿し木
  • 耐寒性:弱い
  • 耐暑性:品種による
  • 栽培難易度:普通
  • 花言葉:「繊細な美」「常に新しい美」

ハイビスカス
【通販の楽天市場の★ハイビスカス


Sponsored Link

    

ハイビスカス

熱帯花木の代表、ハイビスカス。
ハイビスカスは大きく分けると3つのタイプがあります。
ハイビスカス ハワイアンタイプ大きな花をつけるハワイアンタイプは花は花色も豊富。



ハイビスカス オールドタイプ よく見るのはオールドタイプ。花のサイズは中ぐらいだけど、暑さ寒さに強く、とても丈夫。



ハイビスカス コーラルタイプ 茎が3~4mも伸びるコーラルタイプ。小さくてかわいらしい花ををたくさんつけます。暑さに強いですが、寒さにやや弱いです。



ハイビスカスの花は一日花で、一日でしぼんでしまいます。 育て方は比較的簡単です。

【育てる環境】
日当たりを好みますが、真夏には花が咲かなってしまうこともありますので、その時は明るい日陰に移動させるとよいです。寒さには弱いので、冬は室内に入れて管理します。

【肥料】
肥料切れすると花つきが悪くなります。
5月~10月は月1回ほど置き肥をします。花が咲いている時期は、10日に1回くらい、液体肥料も与えるとよいです。夏に暑さで弱っているときは様子を見ながら、薄めの液体肥料を与えます。

【水やり】
花が咲いていない時は土の表面が乾たらたっぷりと与えます。
花が咲いている時は水分の吸収が盛んなので土が渇く前にやるとよいです。
冬は控えめにします。

【植え替え】
ハイビスカスは根詰まりしやすいので、1~2年に1回は植え替えをします。
ひとまわり大きい鉢に植え替えるとよいです。 植え替えたあとは水をたっぷりやります。

【病気害虫】
アブラムシ、ハダニなど。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪