プルメリアのお花の栽培

【プルメリア】
  • 科名:キョウチクトウ科 インドソケイ属(プルメリア属)科
  • 種類:非耐寒性常緑高木(低木)
  • 原産地:熱帯アメリカ
  • 別名:インドソケイ
  • 植え付け時期:4月~6月
  • 開花時期:6月~10月
  • 置き場所:日当たりがよく、水はけのよい場所
  • 増やし方:種まき / 挿し木
  • 耐寒性:弱い
  • 耐暑性:強い
  • 栽培難易度:やや育てやすい
  • 花言葉:「気品」「恵まれた人」「日だまり」「内気な乙女」

プルメリアの花
【通販の楽天市場の★プルメリア


Sponsored Link

     

プルメリアの育て方

甘い香りのする熱帯花木のプルメリアは、ハワイなどでは「レイ」にも使われています。
プルメリアは切ると切り口から白い樹液が出てかぶれることがあるので、剪定など時は手につかないようゴム手袋などをしてください。

【プルメリアの種類】
【育てやすく花つきのよい種類】
プルメリア ディバイン コンパクトでよく枝分かれするディバイン。 ピンクと黄色のコンビネーションがかわいらしく爽やかな香りも魅力です。


プルメリア インカゴールド 鮮やかな黄色が目を引くインカゴールド。 こちらもよく枝分かれし初心者にも育てやすい品種です。


プルメリア・プディカ中米原産の原種。プルメリア・プディカ。
プルメリアには珍しく香りはありませんが花つきのよいのが特徴です。


【日本におけるプルメリアの定番品種】
プルメリア セラダイン プルメリアといえばセラダイン。 白地に黄色のグラデーションが美しい品種です。



プルメリア ドワーフ・シンガポール・ピンク樹高2メートルとプルメリアの中では小さめのドワーフ・シンガポール・ピンク。 ほのかなピンク色の花が魅力です。

【育てる環境】
できるだけ日当たりの良い場所で育てます。日に当てないと間のびするだけでなく、花が咲かないこともあります。
最低気温が10℃を下回ったら室内に取り込みます。
ただ、屋内では0℃以下になる場所や逆によく暖房のきいた部屋は避けます。 暖かい場所に置くと休眠から目覚めてしまいます。

【植え替え】
根が張るのが早いので、1~2年に1回ほど植え替えをするとよいです。 一回り大きな鉢へ植え替えてください。

【肥料】
5月から10月の成長期に緩効性の化成肥料を規定量与えます。

【水やり】
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。乾燥には強いです。水をやりすぎると根腐れを起こしやすいので、水の与えすぎに注意します。
冬は下葉が落ち始めたら水やりを控えます。 そして葉が完全に落ちたら水やりをやめます。

【増やし方】
挿し木でふやすことができます。
どこを切っても生育に問題はないです。
プルメリア 増やし方 さし穂は葉を全て取って、半月からひと月ほど日陰で切り口を乾かします。 切り口をしっかり乾かさずにさすと失敗の原因になるので注意します。


プルメリア 挿し木 さし穂の切り口が乾いたら赤玉土小粒、または川砂を入れた鉢にさします。
さし穂がぐらつかないよう安定感のある腰高の鉢がおすすめです。
さし穂の1/3が埋まるくらいにさします。
このあとは新芽が伸びてきたら日当たりのよい場所に移動させます。
さし木は切り口を乾かすのに半月からひとつきはかかりますので8月中にはさし穂を作って、9月中には鉢にさすとよいです。

【切り戻し】
枝が伸びすぎてしまったら適度な長さに切り戻すとよいです。
ただ、切り戻しをすると、その下から新しい芽が出てきますが、開花するのに時間がかかるので、大きくなりすぎた場合に切り戻しを行います。

【病気害虫】
カイガラムシ、アブラムシなど。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪