ポインセチアのお花の栽培

【ポインセチア】
  • 科名:トウダイグサ科トウダイグサ属(ユーフォルビア属)
  • 種類:非耐寒性常緑低木
  • 原産地:メキシコ
  • 和名:ショウジョウボク(猩々木)
  • 開花時期:12月~2月
  • 置き場所:日当たりがよく、水はけのよい場所
  • ふやし方:挿し木
  • 耐寒性:やや弱い
  • 耐暑性:やや弱い
  • 栽培難易度:やや難しい
  • 花言葉:「祝福」「私の心は燃えています」「聖なる願い」

ポインセチアの花
【通販の楽天市場の★ポインセチア


Sponsored Link

     

ポインセチアの育て方

ポインセチアはシャコバサボテンやカランコエと同じ、日が短くなると花芽ができる短日植物です。

赤と緑のコントラストば美しいポインセチア。
赤く色づいた部分は花と思いがちですが、これは苞(ほう)とい、本当の花のまわりにつくられます。花は苞の中心にある黄色いつぶつぶとした部分です。
苞は赤く色づくものが定番ですが、白やクリーム色、斑入りなど、品種改良により様々な色彩のポインセチアがあります。

【株を選ぶポイント】
中央のつぼみがたくさん残っているもの
葉がとても傷つきやすいので苞や葉、茎に傷がないもの
葉や苞が照れていないもの

【育てる環境】
ポインセチアは寒さに弱いので、冬は日当りのよい室内に置きます。
10℃以下にならない乾燥しすぎない場所に置くとよいですが、暖房器具の前も乾燥するので注意が必要です。

窓辺は夜になると冷え込むので、夜は厚手のカーテンを引いたり、窓から離したりします。

園芸家の間室みどりさんが趣味の園芸で紹介していたのですが、鉢に使い古したニット帽やマフラーを巻いたりすると防寒対策になるとのことです。

【肥料】
花の咲いている時期は生育が停滞しているので肥料はいりません。4月~10月ぐらいまで月に1回ほど緩効性化成肥料を置き肥します。

【水やり】
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。冬(10月下旬~3月下旬)の水やりは下葉が垂れてきたらたっぷりと与えるとよいです。冬は休眠期なのであまり水を吸いません。

【春の切り戻し】
春になると生育が旺盛になってくるので全体の3分の1ぐらいの高さまで切り戻しをします。

【植え替え】
春の切り戻しと同時に植え替えもします。根が弱いので根鉢を崩さないようにして一回りぐらい大きな鉢に植え替えます。

【用土】
用土は元肥入りの草花培養土で育ちます。

【夏の切り戻し】
夏は生育が盛んな時期で、枝も茂ってくるので再度切り戻しをします。
バランスを見ながら枝の先端を切り戻しますが、コンパクトにしたい場合はもう少し下で剪定してもいいです。

枝が混みすぎている場合は細い枝を付け根から切り取る間引き剪定をしてもいいです。

【病気害虫】
オンシツコナジラミなど。予防としては風通しの良い場所で管理します。

【短日処理】
ポンセチアは短日植物です。苞が色づくには13時間以上の夜の時間(暗い時間)が必要です。室内で育てていると部屋の照明などでその時間が取れないので短日処理を行います。
9月から11月ぐらいに行います。夕方5時から翌朝8時ごろまで、段ボール箱などをかぶせて暗くします。
先端部がほんのり色づいてきたら成功です。苞が完全に色づくまで2か月ぐらい処理を続けます。

【注意事項】
葉が折れたり傷ついたりすると白い樹液が出てきます。樹液が皮膚につくとかぶれたり、かゆくなることがあるのでついてしまったらすぐに水で洗い流します。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪