プリムラ・ジュリアン / ポリアンサのお花の栽培

【プリムラ・ジュリアン / ポリアンサ】
  • 科名:サクラソウ科サクラソウ属(プリムラ・ジュリアン / ポリアンサ属)
  • 種類:1年草(本来は多年草)
  • 原産地:ヨーロッパ
  • 種まき:5月~6月
  • 植え付け時期:9月
  • 開花時期:11月~4月
  • 置き場所:日当たりがよく、水はけのよい場所
  • 増やし方:種まき / 株分け
  • 耐寒性:やや弱い
  • 耐暑性:やや弱い
  • 栽培難易度:やや育てやすい

プリムラ・ジュリアン / ポリアンサの花
【通販の楽天市場の★プリムラ・ジュリアン / ポリアンサ


Sponsored Link

     

プリムラ・ジュリアン / ポリアンサの育て方

プリムラの園芸品種にはヨーロッパ原産とアジア原産の系統があります。
ヨーロッパ原産には花茎をのばす“ポリアンサ”と株元に密集して咲く“ジュリアン” がありますが、現在は交配が進んであまり区別がなくなってきています。
ここではその“ポリアンサ”と“ジュリアン”について紹介しています。

【育てる環境】
日当たりを好みます。寒さには強いので冬でも屋外で冬越しさせることができますが、寒風が当たらない場所で管理します。

【植えつけ/植え替え】
鉢植えに植える場合は一回り大きな鉢に植えつけます。用土は市販の草花培養土で十分です。元肥入りでない場合は緩効性化成肥料を規定量を施します。
根が回っている場合は軽く根鉢をほぐして植えつけます。
植え替えの適期は9月です。

【肥料】
花が咲いている間は液体肥料を1週間に1回ほど与えます。真夏は与えません。

【水やり】
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。葉や花に水がかかるとダメージを受けてしまうので葉を持ち上げて水やりをするとよいです。
庭植えの場合は特に必要ないです。

【花がら摘み】
花がらや黄色くなった葉はこまめに付け根から切り取ります。花がらや葉を取り除くことで、蕾に光が当たり次の花が咲きやすくなります。

【増やし方】
プリムの増やし方は種まきや株分けで増やすことができます。
暑さに弱いので夏に枯れてしまうことが多いですが、夏越しできたら秋頃に株分けをするとよいです。
土を軽く落とし、1株ずつ株分けすることができますが弱々しいものは2~3株を一まとめにして植え付けるとよいです。
植えつけ後はしばらく日陰に置いて、新葉が伸び始めたら日なたへ移動させます。

【病気害虫】
灰色カビ病、アブラムシなど。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪