カーネーションの育て方

【カーネーション】
  • 科名:ナデシコ科ナデシコ属(ダイアンサス属)
  • 種類:半耐寒性多年草
  • 原産地:地中海沿岸など
  • 和名:オランダセキチク
  • 別名:ジャコウナデシコ / クローブピンク
  • 植え付け/植え替え時期:春と秋
  • 開花時期:4~6、9~11月(四季咲きの場合)
  • 置き場所:日当たりがよく、風通しのよい場所
  • 増やし方:種まき / 挿し芽
  • 耐寒性:強い
  • 耐暑性:強い
  • 栽培難易度:やや難しい
  • 花言葉:無垢で深い愛

Sponsored Link

    

カーネーション

しそ(シソ)

カーネーションは、常緑多年草でナデシコ(ダイアンサス)の仲間です。
以前は5月頃のみ花を咲かせる品種だったのですが、品種改良が進み秋にも花が咲く四季咲き性の強いカーネーションも増えてきています。


Sponsored Link

【育てる環境】
日当たりがよく、風通しのよい場所に置きますが、夏の高温多湿が苦手なので、夏は風通しのよい半日陰に置くとよいです。
冬は日当たりのよい戸外で寒さにしっかり当てると春によい花が咲きます。

【良い苗の選び方】
つぼみが多く、株が太いもの。葉がきれいな緑色をしているもの。株元がぐらついていないもの。

【植え替え】
毎年、秋に植え替えをするとよいです。新しい根を伸びやすくするため根鉢の下を4カ所ほどはさんで切って一回り大きな鉢に植えます。

【肥料】
緩効性化成肥料を2か月に1回施します。夏と冬は控えます。

【水やり】
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。多湿は根腐れを起こしやすいので、やや乾かし気味に管理するとよいです。

【花がら摘み】
カーネーション 花がら摘み咲き終わった花をそのままにしておくと種を作ることに栄養が取られてしまうので咲終わったらすぐに摘み取ります。まわりにあるつぼみを切ってしまわないように花がらは花首から摘み取ります
カーネーション 花がら摘みまた、茶色く枯れた葉なども摘み取るとよいです。

【切り戻し】
カーネーション 切り戻し花がひととおり咲き終わったら切り戻しをします。わき芽を確認して、わき芽の上を切ります。

切り戻ししたカーネーション 

【病気害虫】
灰色かび病、ウイルス病、アブラムシなど。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪