クレマチスのお花の栽培

【クレマチス】
  • 科名:キンボウゲ科 センニンソウ属(クレマチス属)
  • 種類:つる性多年草
  • 原産地:北半球
  • 別名:テッセン
  • 植え付け時期:11月~3月
  • 開花時期:(四季咲き)4月中旬~10月
  • 置き場所:日当たりがよく、水はけのよい場所
  • ふやし方:挿し木
  • 耐寒性:強い
  • 耐暑性:普通
  • 栽培難易度:育てやすい
  • 花言葉:「美しい心」「たくらみ」「高潔」「旅人の喜び」「許されぬ恋」「清廉な心」

クレマチス
【通販の楽天市場の★クレマチス


Sponsored Link

    

クレマチスの育て方

クレマチスは原種や、興はされた園芸品種までたくさんの種類があり、つる性の植物としてガーデニングになくてはならない存在とされています。
一季咲きのものや四季咲きのもの品種などありますがここでは四季咲きの紹介をしています。
比較的丈夫で花もよく咲きます。

【育てる環境】
日当たりを好みますが、夏は株元に日が当たると弱ることがあるので、夏は株元が日陰となる場所がよいです。
もしくは株元をバークチップなどで覆うとよいです

【植えつけ】
購入した植木鉢は根がかなり張っている可能性があるので一回りか二回り大きな鉢に植え替えます。
元肥としてあらかじめ緩効性化成肥料を混ぜておきます。 株元の節が1~2節が埋まるように深く埋めます。

【肥料】
肥料を好みます。
液体肥料を月に2~3回、緩効性肥料を2ヶ月に1回ほど置き肥します。 真夏はいりません。

【水やり】
水切れを嫌うので、土の表面が乾いたらすぐにたっぷりと与えます。生育期間中は特に水切れしないように気をつけます。

【植えつけ・植え替え】
1~2年に1回、植え替えします。2月~3月頃が適期ですが、真夏と真冬以外は可能です。
クレマチスは根鉢はくずさずに植えます。
土の中に株元から1節から2節埋めて植え替えると株立ちがよくなります。

【誘引】
伸びてきた枝はこまめに誘引します。誘引せずに枝葉が過密になっていると病害虫が発生しやすくなります。

【剪定方法】
剪定方法はクレマチスのタイプによって変わってきます。
クレマチスは枝の育ち方、花の咲き方で「旧枝咲き」「新枝咲き」「新旧両枝咲き」と大きく分けて3つのタイプに分かれます。
タイプ別剪定方法はこちら⇒⇒クレマチスの剪定の仕方は種類によって変わる

【病気害虫】
立枯病、うどんこ病、アブラムシ、ハダニなど。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪