ルピナスのお花の栽培

【ルピナス】
  • 科名:マメ科ハウヒチマメ属(ルピナス属)
  • 種類:1年草 / 多年草
  • 原産地:北アメリカなど
  • 和名:ハウチワマメ(葉団扇豆)
  • 別名:ノボリフジ
  • 開花時期:4月~6月
  • 置き場所:日当たりがよく、水はけのよい場所
  • ふやし方:種まき
  • 耐寒性:強い
  • 耐暑性:弱い
  • 栽培難易度:やや育てやすい
  • 花言葉:「貧欲」「空想」「いつも幸せ」

ルピナス
【通販の楽天市場の★ルピナス


Sponsored Link

    

ルピナス

ルピナスは同じマメ科の藤の花を逆さまにしたような形で、穂がすらりと伸びています。
草丈の低いものから大きく育つタイプまで大きさもさまざま。
一年草と多年草のタイプがあります。
ラッセル・ルピナスなどは多年草になりますが、暖地では夏に枯れてしまう事が多いです。

【種類】
ルピナス・テキセンシス ルピナスの中では最も小型で草丈30~40cmのルピナス・テキセンシス。


ルピナス・ナヌス 草丈40cmほどのルピナス・ナヌス。「ピクシーデライト」とも呼ばれています。


カサバルピナス 続いて草丈60センチほどのカサバルピナス。


ラッセルルピナス草丈1~2メートルの大型種のラッセルルピナス。
花の穂だけで1メートルのものもあります。
「ラッセルタイプ」とも呼ばれています。

【育てる環境】
高温多湿が苦手で、比較的冷涼な気候を好みます。

【種まき】
移植を嫌うので種まきから育てる方が適しています。
キバナルピナスとアサバルピナスは秋まき、もしくは春まき。ラッセル系は6~8月ごろ。
種は硬くて吸収性が悪いので、ひと晩水につけておくと発芽がよくなります。 庭や鉢に数粒ずつまき、発芽したら間引きます。

【植えつけ】
庭植えの場合
酸性土壌の土を嫌うので、苦土石灰を混ぜて中和させます。
腐葉土と苦土石灰とパーライト。そして緩効性の化成肥料を混ぜ込みます。
鉢の場合は元肥入りの市販の培養土でいいです。

購入した苗を植え付けるときはくずさないでそのまま植えていきます。 大型種以外のルピナスは多少根をくずしても構いません。

【肥料】
窒素肥料は特に控えめにします。
庭植えは春に緩効性化成肥料を追肥。鉢植えの場合は生育期間中に液肥を週に1回ほど施します。
花穂を切ったあとは二番花を咲かせるために追肥を。

【水やり】
過湿を嫌うので土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

【切り戻し】
一番花が終わりかけた時に花を切ればわき芽ができて二番花を楽しむ事ができます。
花の穂が3分の1から半分ほど枯れたら切ります。
葉の上の辺りの株元に近い所を切ります。

【病気害虫】
アブラムシなど。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪