ミニバラのお花の栽培

【ミニバラ】
  • 科名:バラ科バラ属
  • 種類:落葉性低木
  • 原産地:アジア、ヨーロッパ、北アメリカなど
  • 開花時期:5月~11月
  • 置き場所:日当たりがよく、風通しのよい場所
  • 増やし方:挿し木
  • 耐寒性:強い~やや弱い
  • 耐暑性:強い~やや弱い
  • 栽培難易度:普通
  • 花言葉:「愛」「美」

ミニバラの花


Sponsored Link

     

ミニバラの育て方

ミニバラは、本来は中国原産の木立ち性の、ロサ・キネンシス・ミニマの性質を受け継ぐ小型のバラをさします。
近年では改良が重ねられていろいろな種類があります。
普通の薔薇に比べてコンパクトで花も小さく、比較的育てやすいです。
ミニバラの多くは四季咲き性で、1年の間に何度も咲く性質を持っているので、長く楽しめます。

【植え替え】
毎年植え替え替えたほうがよいです。ほぼ1年中できますが、花後、切り戻しを行った頃がおすすめ。この時期(葉が茂っている生育期)の植え替えは 根鉢を崩さずに植え替えます。
1~2まわり大きい鉢に植え替えますが、株を大きくしたくない場合は12月から2月の休眠期に根鉢を1/3から1/2ほどくずして同じ大きさの鉢に植えます。

【肥料】
花が咲いている時は特に施す必要はないです。生育期に2週間に1度ほど液体肥料を施します。冬は寒肥として有機質肥料や緩効性化成肥料などを施すとよいです。

【水やり】
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。ミニバラは鉢が小さく土が少ないため、乾燥しやすく水切れに注意します。

【花がら摘み】
ミニバラ 花がら摘み花びらが茶色くなって咲き終わった花は花のすぐ下の葉の上で摘み取ります。(傾けると折れます。)


【剪定】
ミニバラ 育て方 植え替え 切り戻し ほとんどの花が咲き終わったら、枝の長さの3分の1ほど 5枚以上ある葉のすぐ上で切ります。



ミニバラ 育て方 植え替え 切り戻し 

【病気害虫】
黒星病、うどんこ病、アブラムシなど。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪