ルコウソウのお花の細微

【ルコウソウ】
  • 科名:ヒルガオ科ルコウソウ属
  • 種類:つる性1年草(本来は多年草)
  • 原産地:熱帯アメリカ
  • 別名: サイプレスバイン
  • 種まき:5~6月
  • 植え付け時期:5~6月
  • 開花時期:7~10月
  • 置き場所:日当たりがよく、風通しのいい場所
  • 増やし方:種まき
  • 耐寒性:弱い
  • 耐暑性:強い
  • 栽培難易度:育てやすい
  • 花言葉:「でしゃばり」「おせっかい」

ルコウソウ
【通販の楽天市場の★ルコウソウ


Sponsored Link

    

ルコウソウの育て方

本来は多年草ですが、晩秋に寒さで枯れてしまうので一年草として扱われています。
つる性の植物でこぼれ種でも繁殖するぐらい丈夫なので、垣根やフェンス沿いに植えて緑のカーテンとしても利用できます。
種類としてはマルバルコウソウやハゴロモルコウソウなどがあります。

【種まき】
発芽温度が20~25℃と高いので、5月に入って気温が上がってからまいたほうがいいです。種はとても固いので、タネをまく前に水につけてからまくとよいです。
移植を嫌うので直まきのほうが望ましいです。

【肥料】
肥料が多いと花付きが悪くなるので、様子を見ながら液体肥料を月に1~2回施すとよいです。

【水やり】
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

【病気害虫】
あまりないですがアブラムシなど。

【その他】
つる性なのでネットや支柱を立てて絡ませるようにします


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪