ジャーマンアイリスのお花の栽培

【ジャーマンアイリス】
  • 科名:アヤメ科
  • 種類:球根 / 多年草
  • 原産地:ヨーロッパ
  • 別名:ドイツアヤメ
  • 植え付け時期:9~10月
  • 開花時期:4~5月
  • 置き場所:日当たりがよく、水はけのよい場所
  • ふやし方:分球
  • 耐寒性:強い
  • 耐暑性:強い
  • 栽培難易度:やや育てやすい
  • 花言葉:「燃える思い」「情熱」


【通販の楽天市場の★ジャーマンアイリス


Sponsored Link

    

アイリスの育て方

ジャーマンアイリスはアイリス属の中で最も色彩が華やかで、非常に多くの品種があります。高温多湿に弱いのでどちらかというと乾燥気味に育てます。

【育てる環境】
弱アルカリ性の土壌を好みます。

【植えつけ】
9~10月ごろに6号以上の鉢に球根を浅植えします。根が伸びるのでなるべく深い鉢やプランターが適しています。

【肥料】
緩効性化成肥料を少量施します。

【水やり】
やや乾燥気味にします。土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
庭植えではほとんど必要ないです。

【花がら摘み】
枯れてしまった花がらはこまめに取り除きます。そして花が一通り咲き終わったら花茎を切り取ります。

【植え替え・株分け】
2~3年に1度、9月に掘り上げて株分けを兼ねて植え替えするとよいです。鉢植えは根詰まりしやすいので、新しい土で植え直しをします。

【病気害虫】
軟腐病、モザイク病、アブラムシなど。

【保存法】
9月ごろ葉が枯れたら、掘り上げて葉を短く切って乾燥させます。ネットなどにいれ、風通しのよい日陰で保存します。

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪