シロタエギク(白妙菊、ダスティミラー)のお花の栽培

【シロタエギク(白妙菊、ダスティミラー)】
  • 科名:キク科セネシオ属(キオン属)
  • 種類:耐寒性多年草 / 宿根草
  • 原産地:地中海沿岸
  • 和名:シロタエギク(白妙菊)
  • 別名:ダスティーミラー
  • 種まき:4~6月
  • 観賞期:通年
  • 開花時期:6月~8月
  • 置き場所:日当たりがよく、水はけのよい場所
  • 増やし方:種まき / 挿し芽
  • 耐寒性:強い
  • 耐暑性:普通
  • 栽培難易度:育てやすい
  • 花言葉:「あなたを支えます」


【通販の楽天市場の★シロタエギク(白妙菊、ダスティミラー)


Sponsored Link

    

シロタエギク(白妙菊、ダスティミラー)の育て方

シロタエギクは花よりも葉を観賞する価値が高く、葉は銀白色をした美しいシルバーリーフです。葉や茎には細かい白い綿毛が生えています。
葉の色が美しくどんな花色とも合うので、コンテナ、花壇、寄せ植えにも人気。また寒さに強いので、冬の花壇の彩りにはなくてはならない植物となっています。

【育てる環境】
日当たりがよく、夏の高温多湿の時に株元が蒸れやすいので、風通しのよい場所がよいです。半日陰だと徒長しがちです。

【植えつけ/植え替え】
いつでも植え付け、植え替えできます。生育が旺盛で、よく根も張ります。

【肥料】
緩効性肥料を春と秋に置き肥するぐらいでいいです。
寄せ植えでをすることが多いので他の花などに合わせて施肥してかまいません。

【水やり】
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。やや多湿を嫌うので、乾かし気味に育てます

【切り戻し】
草丈がひょろ長くなり、草姿もくずれてきたら好みの位置で切り戻します。
また、花が咲くと株が弱るので、早いうちに花茎を切り取ると株が弱りません。

【ふやし方】
さし木でふやすことができます。茎の先端を7~8cm切り、大きい葉は半分に切り、下葉は取ります。しばらく水につけた後、赤玉土(小粒)などにさします。
シロタエギクは1年も経つと肥大化して草丈が伸びて姿が乱れてくるので、挿し木で新しくした方がよいです。

【病気害虫】
ほとんどないです。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪