四季咲きナデシコ(ダイアンサス)のお花の栽培

【四季咲きナデシコ(ダイアンサス)】
  • 科名:ナデシコ科ナデシコ属(ダイアンサス属)
  • 原産地:ヨーロッパ、アジア、南アフリカ
  • 種類:耐寒性 多年草
  • 和名:ナデシコ(撫子)
  • 別名:ダイアンサス
  • 植え付け時期:4~5月/9~11月
  • 開花時期:4~6月/9~11月
  • 置き場所:日当たりがよく、水はけのよい場所
  • ふやし方:種まき/挿し芽、
  • 耐寒性:強い
  • 耐暑性:強い
  • 栽培難易度:やや育てやすい
  • 花言葉:「純愛」「無邪気」「才能」「大胆」

四季咲きナデシコ(ダイアンサス)
【通販の楽天市場の★四季咲きナデシコ(ダイアンサス)


Sponsored Link

    

四季咲きナデシコ(ダイアンサス)の育て方

ナデシコ(ダイアンサス) は交配によってさまざまな園芸品種がつくられ、たくさんの種類があります。一季咲き、四季咲きがありますが、こちらでは四季咲きのナデシコを紹介しています。


【育てる環境】
日当たりを好みますが、高温に弱いので、夏は風通しのいい場所で育てます。夏は半日陰の場所に移動させるとよいです。
多年草ですが、何年もたつと生育は衰えてくるので、さし芽などで数年ごとに株を更新していくとよいです。

【植え付け】
花が咲いている苗の植え付けは根鉢は崩さず、深植えしないように植えます。

【用土】
過湿を嫌うので、市販の草花培養土に2割程度、鹿沼土か小粒の赤玉土を混ぜるといいです。

【肥料】
真夏と真冬を除いて緩効性化成肥料か、週1回ほど液体肥料を施します。

【水やり】
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。過湿を嫌うので渇き気味に管理します。

【花がら摘み】
咲き終わった花は放置しておくと病気の原因になることがあるので、こまめに摘み取ります。

【切り戻し】
花が咲き終わったら株元近くで花茎を切り戻します。
草丈の低いものは花が一斉に咲いくので、花が一段落したらまとめて半分くらいの高さまで切り戻しをします。

【病気害虫】
さび病など。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪