シクラメンの夏越し方法

冬の鉢花の定番、シクラメン。夏越しできずに枯らしてしまったということはありませんか?
もともとは地中海沿岸に咲いてる植物なので夏の暑さには弱いです。

ここでは趣味の園芸で放送していた園芸研究家の横山直樹さんの方法を紹介します。

シクラメンの夏越しの方法は2つあります。
地上部をからし、球根だけの状態で管理する【休眠法】と葉を残して管理する【非休眠法】です。
おすすめは手のかからない休眠法。

まず、最初に休眠できる株かチェックをします。
シクラメンの夏越し方法 ・青々とした葉が残っていること。
葉がなかったり黄色くなっていたら球根に十分な栄養がいきわたっていない可能性があります。


シクラメンの夏越し方法 ・球根に張りがあること。
病気にかかっていると球根が柔らかくなっている場合があります。触って確かめましょう。



【休眠法のやり方】
シクラメンの夏越し方法 葉がついているとスムーズに休眠できないので葉を切り落とします。
そして、付け根を5cm程度残して切ります。
次は植え替えをします。
シクラメンは高温多湿が大の苦手なので、植え替えをして水はけのいい環境を作ります。
まずは鉢から取り出し、土を落とします。
球根を傷つけない様に注意しながら一回り小さくします。
元の鉢より一回り大きい鉢に植え替えます。
このように穴の開いているスリット鉢などが水はけがよくなるのでおすすめとのこと。
植え替えにつかう土はこちら。
赤玉土(小粒):鹿沼土(中粒):腐葉土:軽石⇒4:3:2:1

シクラメンの夏越し方法 シクラメンは球根の上の部分に成長点がたくさんあるので、土をここにかぶせない様に球根を少し出した状態で植えつけます。
最後にココヤシシップなどでマルチングするとよいです。

【休眠中の管理法】
直射日光と雨が避けられ、涼しい場所に移動させます。
玄関や軒下など適度に明るく、風と通しの良い場所がおすすめです。


Sponsored Link

    

シクラメンの夏越し、非休眠法

非休眠法のやり方は紹介していませんでしたが、
水やりを通常のようにそのまま続けます。
風とおしのよい半日陰で管理するとよいです。
肥料は月に1~2回程度、液体肥料を与えます。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪