シクラメンのトラブル

冬の鉢花の定番、シクラメン。
好きで育てている方も多いと思いますが、育てているといろいろなトラブルで困ったりししせんか?
ここではよくありがちなトラブルにつて紹介します。
シクラメンの夏越しの方法についてはこちらをご覧ください。⇒シクラメンの夏越し

【ぐったりして下に下がってしまった】
水切れが原因です。ただ、水をあげるだけでなく新聞紙で巻いて葉をたたせ、バケツに鉢よりも少し深く水を入れ、そこに半日ほどつけておくと回復します。

シクラメンのトラブル  シクラメンのトラブル 

元に戻らない場合は根腐れをしている可能性があります。その場合は腐った根をとり省いて一回り小さい鉢に植え替えるとよいです。

【つぼみがしぼんで最後まで咲かない。下葉だけが黄色くなる。】
原因は日光不足と高温。
日に当てるようにします。葉が茂っているので奥の葉に日が当たらない。なので奧の隠れている葉を手で外に出して葉組みをするとよいです。

【葉が黄色くなってしまった】
葉が全体的に黄色くなっている場合は置いている場所の温度が高すぎる可能性があります。
シクラメンの生育適温は15℃から20℃。冬は室内の温度が高くなりがち。
その場合は明るくて涼しい場所に移動させるとよいです。


Sponsored Link

    

シクラメンの夏越し、非休眠法

非休眠法のやり方は紹介していませんでしたが、
水やりを通常のようにそのまま続けます。風とおしのよい半日陰で管理するとよいです。
肥料は月に1~2回程度、液体肥料を与えます。


Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ

内臓脂肪